賭け麻雀の安全性

賭け麻雀の安全性

すでにオンラインカジノを楽しんでいる方ならなんの躊躇もないのでしょうけど、 ネット経由でギャンブルをしたことの無い方にとっては不安な要素がたくさんあると思います。

DORA麻雀での安全性についてお答えします。

運営会社がイカサマをしてる?

DORA麻雀では運営会社は牌は見えていませんので監視もしていません。 カジノライセンスを取得していて監査会社にチェックされています。

ダメな運営会社は監査会社に見てもらっていません。 また、不正をすればDORA麻雀は法律で罰せられてしまいます。 カジノライセンスは政府が発行するものですので厳しいのです。

またDORA麻雀の運営は場代ですので、別にイカサマをする必要もないとも言えますね。 ちなみに場代は10%~15%ほどです。

不正させないための対策は?

DORA麻雀は不正を防ぐために同一のIP内で同一だくでのプレイを禁止しているようです。 随時監視は当然でしょうね。

違法じゃないのか?

DORA麻雀はオンラインゲーミングの一種ですので運営自体に違法性はありませんね。 海外でカジノを運営するには法律上のルールが多くあるみたいです。 カジノライセンスの取得は簡単ではありません。一個人が取得できるものではありません。

青天井に負けてしまう?

卓に参加するときは最大負け金額を持っていないと参加できません。
もちろん、卓には最大負け金額が表示されています。
つまり踏み倒しや勝って払われないってことがないということです。

レートは0.5ドルから64ドル。最大負け金額は卓の2倍の金額。
64ドル卓なら点リャンピンぐらいのレートですね。

フリー麻雀でも敬遠されがちなレートで勝負できるのは嬉しいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です